嬉しい酷似

少し前にお財布をかえました。5年以上ぶりかもしれません。

このお財布「HIROKO HAYASHI」というブランドのものなのですが、前回も同じブランドのもの。使いやすさとデザインにほれ込み、今回で2代目。

あえて、わざわざ書くことでもなかったのですが、某ショップで偶然このお財布をみかけ、びっくり!

何にびっくりしたかといえば、1月に行った小紋の展示会の際に、採用しなかった柄にそっくり!
選ばなかったとはいえ、色稿のために正絹の反物に染めるところまでは選んだ柄(紙に出力した段階で相当の数を落としたので)の1つで、最後までどうしようか悩んだものに酷似!そんな偶然と「痛みが目立つようになってきたので、お財布を変えたいな…」と思っていたタイミングが重なり、財布を新調!ということに至った訳なのであります。

写真の後ろに敷いたのが、採用しなかった小紋柄。

やっぱり、もう少し細部や色を検討して、発表しようかな・・・w。



 新お財布

素敵な出会い

今日は、かぐわ石鹸をつくっていただいている秋田のメーカーさんまで日帰り出張。
全工程、生産管理、担当者の方の貴重な時間をいただいて、勉強させていただく。写真は、かぐわ石鹸の金型。愛おしい。

石鹸金型



帰路、東京駅のecute内催事スペースにて、素敵な商品に遭遇。
伝統民芸品「松阪もめん」を使用したオリジナル商品を企画している「丸川商店」さんの「日事記(ひじき)」。表紙に藍の無地の生地がはられた新書のような装丁の10年日記。
何がきっかけだったかは忘れてしまったのですが、実は、今年の初めに、10年記を付けたいと思い、大手文具店やインターネットで検索をし、シンプルかつ愛着のわきそうな素敵なものがないかとかなり探したのですが、なかなか見つけられず、妥協して買った物があったのですが、やはりなんとなく使用感がよくなく使うことができていなかったので、この商品を見つけたときには即購入を決定。ページの端につけたのは、布のしおり、「しるべ」。

丸川商店



今、この商品のサイトの紹介をみて思ったのですが、これは出産祝いにもいいですね。育児日誌として10年書いて、それを将来子供にあげてもらってもよさそう。10年という歳月がさらに素敵なプレゼントに変えてくれそうですね。

素敵な商品に出会うと、美味しいものを食べた時のように、誰かに伝えたくなりますね。POPの照会文もとても素敵なものでした。思わず、写真を撮らせてもらってしまいました。

日事記



「かぐわ石鹸」もこのecute内のショップ「STETECO.COM」さんで、お取り扱いいただいているのですが、買っていただいた方、またはもらった方にとって、素敵な出会いと思ってもらえる商品であることを願うばかりです。


京都話の最後に

京都は、ついつい買ってしまうお土産が山のようにある街ですが、私がほぼ毎回買ってしまうというものの1つが老舗和装小物店・井澤屋さんのこの楊枝。

井澤屋


小さいものに、本当に目がない私です。

収集癖・・・

困ったことに、こういうものが大好きです。

Star wars 石膏



これ、ガチャガチャででてくるミニチュア石膏像のシリーズです。デッサン系のものは、ほぼ全て持っているのですが、Star Warsのシリーズに初めて出会ってしまいました。うーん、何にも役に立たないんですけどね・・・。フィギュアなどもついつい集めてしまったものが、山積しています。。。考えてみれば、この癖は小学生の時にディズニーランドに行く度に買い集めたディズニーシリーズのフィギュアからなので(これも、まだ持ってます。)、きっと一生直らないような(苦笑)。
それにしても、このルークは似てません・・・。





手元の幸せ

CHANEL ネイル


すごく久しぶりにネイルカラーを買った。

今は、マニキュアを塗っていないことが日常だが、私の場合、ものごころついた時には、マニキュアが大好きで。小学校低学年の時には、母親に隠れてすこしづつ買いためていた(何度か見つかってすごく怒られた記憶が・・・)マニキュアで友達の爪にお花を書いてあげたりするのが、すごく楽しかった。当時は、母親もほとんど化粧っけのない人だったし、周囲にいつもマニキュアを塗っているようなタイプの大人がいなかったにもかかわらず、なぜ自分がそうなったのかはよくわからない。

中学生の時には、長く伸ばした親指の爪の先に小さな穴をあけて、その頃はジュエリーデザイナーをしていた母親の道具から小さな丸管のパーツを拝借してきて、そこに何かのパーツでだった金属の小さなキャラクターのパーツなどをつけ、今でいうネイルピアスのようなものを自分でつくってつけたりもした。(当時、そんなものは全くなかったので、自画自賛ながら、創造的だったなぁ、私。)

大学になると、まだ広尾とか表参道とかにポツポツとしかなかったマダムが通うようなネイルサロンに、アルバイトで稼いだお金をつぎこみ、スカルプというようなつけ爪をつけていた時期もあった。担当してくれていた店員さん曰く、当時はその店の最年少顧客だったらしい。エンゲル係数ならぬ、ネイル係数とでもいうようなものがあったら、当時の私の自由になるお金にしめるネイル係数はとんでもない数字だったと思う。

そのくらい、ネイル関係のことが好きだったので、私の場合、考えてみれば人生のほとんどの時間、マニキュアをしていたかつけ爪をしていたのではないかと思う。

そんな私だが、息子が生まれてからは、何もしていないことが日常になった。
ただ、やはりもともとの性分は変わらないようで、今も本当に時々、着物にあわせたり、ちょっとしたお出かけがある時にマニキュアを塗ると、気分が高揚する。

これぞ、私にとっては”足元”ならぬ、まさにささやかな”手元”の幸せ。

(でもやっぱりマニキュアって、すぐはげてしまって、濃い色だとそれが隠せないので、ジェルの持ちの良さには勝てないな。。。1度のケアに数時間かかってしまうジェルのケアがもっと手早くできるようになるといいのにな。。。)

寅がやってきます

小さい頃は、切手集めが趣味でした。

父の代からのコレクションを引き継ぎ集めていたので、なかなかのコレクションだったと思うのですが、そんな私には、記念切手の発売日は、ちょっとしたイベントでした。

そんなイベントも、少しづつ他の興味にかき消され、最近はほとんど買わなくなってしまった記念切手ですが、やはり郵便局に行くとチェックせずにはいられません。

もう、寅がやってきてしまいますね。

年賀切手

@heliopole

今日は、heliopoleの展示会へ。
ご縁あって、ここ数回お邪魔させていただいています。着物はもちろんのこと、洋服も大好きな私。サンプルセールでまた散財。困ったことに物欲が抑えられません・・・。

heliopoleheliopole


梅花

紙モノ、梅モノ、寅モノに弱い私は、こういうもを見つけるとついつい手にとってしまい、迷いながらも結局レジへ向かってしまいます(しまいました)・・・。でも素敵(満足)。

梅花


<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

twitter