ひもの。

ひもの

ひもの。

こうやって、ひらがなで改めて書いてみるとなんだかかわいい響きですね…。

くりとも料理教室に参加し、人生で初めてトビウオをさばき、人生で初めてひものを自分でつくったのでありました。

自分でつくるとこれまた本当に美味しく感じるわけで、満足感倍増なのでありました。

オイシイとうれしい。
 

これに何を盛ろう・・・!?


ブログを見てくださっている方、少々遅くなってしまいましたが、改めまして新年あけましておめでとうございます。
年が明けて10日も過ぎているのに、クリスマスツリーのままですいません。

twitterなどでも呟いてしまいましたが、今年は午年。
何事も”ウマ”くいく年!そして、”ウマ”いご飯がいっぱい食べられる年
食い意地全開の私ですが、そうなるように、日々尽力してまいりたいと思います!

写真は、年末年始にシンガポールに帰省していた友人が買ってきてくれたお皿がめちゃめちゃ可愛い!以前、彼女と一緒にどこかのレストランでご飯を食べた時に使われていて、この器が昔から大衆に愛されてきたよくあるお皿ということで「なつかしい!」と一言。その時から、次回の帰省時に買ってきてくれる!と約束してくれており、今回、お土産としてもらってしまったのでした。嬉しい!
これに何を盛ろうかな…。うきうき!
やっぱり、最初はシンガポールの料理、バクテーかしら!?

ではでは、今年も何卒よろしゅうお願いいたします。
 

クリトモ教室

東京でも初雪!?なんて騒がれた昨夜でしたが、いよいよ師走も後半。

本当に今年も残りわずかとなってきてしまいましたね。

と、そんな忙しい最中に、昨夜、私は何をしていたかと申しますと…、人生初の料理教室に参加!

と言いますのも、実は今年の年初、今年の抱負は「勉強!」とかなりばくっとした目標を掲げた私(笑)。

といっても、それなりに、幾つか具体的にやることを決め、まあまあ着実に手を付け始め、新しく習い事を始めたり、資格をとったり、友達に協力してもらってあることを勉強したりと…(何かモノになっている訳ではないので、まだ恥ずかしくてこんなところでは具体的に述べられませんが…)、手を付けてみたものの挫折中のものなどもありますが、まあ何かアクションを起こせたことが大切だったりもすると勝手に思っているので、この段階で振り返るのは少々早いものの、私なりにはかなり充実した年だったように思うこの1年でした。

そう思うと、やはり年初に「言葉」にしたことがよかったな〜。

と、少々話がずれましたが、その「勉強」の中の1つに「料理」を入れ、人生1度も通ったことのない「料理教室」というものに行ってみる!ということを年初から言っていたにも関わらず、ついつい後回し後回しとした結果、現在に至ってしまった訳なのであります。(あ、でもちょっとだけ言い訳すると、教室には行くことができていなかったものの、いろいろなものを漬けてシロップをつくったり、新しいレシピにチャレンジしたりと、結構独学では新しい料理にチャレンジした年ではありました。)

でも、そんな時に、先月、仲良しの友人が「クリトモちゃんっていう子の料理教室に行ってきたよ〜」との一言。はて、何か聞き覚えがあると思えば、NYにいる友人が以前Facebook上で「友達の料理教室が…」とクリトモちゃんのことを紹介していたのを思い出し、これも何かのご縁と話を聞いてみれば、12月にも開催される教室があるということで、すぐに申し込んだのでありました!

そして、昨日がその当日!

じゃん、じゃ、じゃーん!


テーマが「パーティ料理」ということで、この豪華さ!奥に見えるお鍋の中身は、牛肉とごぼうの赤ワイン煮込み!
 



そして、手前に見えるスタッフィングサーモンのグリルも、この迫力!


友達との縁もあり初めて会ったとは思えないカジュアルな雰囲気と、ビールやワインを飲みながらというとってもリラックス感で料理以外のおしゃべりにも花が咲いたりする時間もあり、まるで友達の家で料理を習っているような感覚になる楽しい時間でしたが、できあがった料理は抜群★★★の美味しさ!

教室の最中には、この調理器具が使いやすいとか、ちょっと効率的に料理できるテクニックなども、しっかりと教えてもらい、やはり本で勉強するのとは異なる充実感!

という訳で、今年の目標の1つを、年内ぎりぎりに達成!来年も引き続き、こんな楽しく頑張れるといいなっと!






 

節目に。

コートドール

友人に薦められたこの本を読んでから、訪れてみたいと思っていたコートドール
節目の日に。
期待通り、素敵なお店でした。
 

根津といえば・・・

お墓参りのために、家族で集まり、根津へ。

根津といえば、いろいろと美味しい処がありますが、今回は「はん亭」さんへ。というか、この頃、海外の友人を連れてきたりと、はん亭さんにはよく来ている気がします。

この季節のねた「枝豆」もこんな風に丸く固められていて、なんだか可愛い。


 はん亭

最後には、岩のりのお茶漬けをいただき、今回も大満足。


はん亭


↓ ゴーヤって、すっかり日本の夏の風物詩となった感がありますね。

黄緑から深い緑までいろいろな緑色が重なり、その下のすだれも相成って、ちょっと素敵にみえた根津のあるお宅の軒先でした。


はん亭


AW kitchen

久しぶりにAW kitchen東山本店へ。



ここと言えば、定番のバニャーガウダ。人数も多かったこともあり、いろいろなお料理をいただくことができたのですが、この日は茄子と茗荷の冷静パスタ、それと茄子のリゾットが絶品!あ、メインのポーク、つけあわせのポテトも最高だったしな…やっぱり、このお店は美味しい!子供連れだとあまりそぐわないかな…とちょっと足が遠のいていたのですが、またちょこちょこお邪魔したい美味しさ!



この日は、義兄の結婚祝いも兼ねていたのですが、予約時にそれを伝えていなかったにもかかわらず、最後にお花などを渡している私たちの様子をみて、店員さんから「今日は何かの御祝ですか?」と尋ねられたので「結婚の御祝で…」と返答すると、なんとその数分後にこのプレートが!
週末ということもあり、店内は満席でとても忙しそうな時間帯だったにもかかわらず、このサービス!そんなホスピタリティにも感激し、本当に素敵な食事の時間を過ごすことができました。感謝!



至極の中華

まずは、昨日までの日本橋三越の催事に足をお運びいただきました皆様、本当にありがとうございました。
今回は、私が販売にずっと立っていた訳ではなかった為、せっかくお越しいただいたにもかかわらず、お会いできなかった皆様、本当に申し訳ございません。あっという間の1週間でしたが、無事終了することができました。

ところで、今日、同い年の友人が誕生日を迎え、御祝のメッセージを送り、来月誕生日を迎える自分の年にハタと気づき、またしても時の早さに愕然としましたが、30代って本当に早いな。20代の2倍速くらいかな、いやはやもっとかな…。

という訳で、twitterばかりでつぶやいてしまっているせいか、最近はこのブログの更新もめっきり頻度が減ってしまっており、すいません。

というわけで、絶対リピートしたいという中華料理のレストランに連続して足を運ぶことができたのですが、よく見てみれば1軒は、既にもう先月のことでした…(苦笑)。

1軒は、新宿の「Chinese Tapas Renge」。絶対に紹介じゃなきゃ気づかないような雑居ビルの中にあるレストラン。1品1品に感動。





もう1軒は、六本木1丁目にある「華都飯店」。こちらは極上の調度品で飾られた至極の個室でゆったりランチ。最初にでてきたアボガドのスープから始まり、これまた絶品。




うー、またすぐにでも行きたい…。
共に、こんな素敵な2軒に、連れていってくれた友人たちに感謝。



うまく発音できませんが…




少し前の日経新聞の特集で、確か「手土産にしたいクッキー」ランキングのようなものでランクインしていたこちらのクッキー。

私同様、甘いもの大好きな義母が買ってきてくれました。

「ツッカベッカライカヤヌマ」

うまくは言えませんが、とってもとっても”うまい”…!はい、ん〜もう、相当に美味しいです。

それにしても、ありがたみを感じるせいなのか、なんなのか、このシンプルな包みにして、威厳さえ感じるような佇まい…。「はやく、はやく〜!」とせかす息子を横に、開封する前に、フォントやらバランスやら、相当観察してから包装を開いた私なのでありました。





桜と言えば…



桜と言えば、染井吉野ではなく、「桜餅」…。
花よりだんご。
花も大好きですが、だんごはもっと好きかもしれない私です。


らい亭@鎌倉


らい亭

らい亭

らい亭


鎌倉、らい亭にて。
着物で訪れれば、この情緒をさらに満喫できそう。


<< | 2/9PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

twitter