小値賀島 その2

そして、次の日は、島散策!

台風が近畿や関東を直撃していたこともあり、この日は風がかなり強く、子供たちが楽しみにしていた磯遊びなどはあまりできなかったものの、海岸へいったり、ポットホールを観に行ったり、島を一望できる高台へのぼったりと、小さい島なので、本当に島の端から端までを堪能。

おぢか島

おぢか島

おぢか島


おぢかツーリズムの方にお昼をいただくことのできるお店を問合わせたところ、この日は2軒のお店しか選択肢がないとのことだったので、海の幸をこの日も堪能しようと、お寿司やさんへ。正直、2軒しかないうちの選択ということだったので、あまり味に期待せずに入ったのですが、やはりネタが新鮮なのか、シャリが絶妙なのか、こちらのお寿司も最高に美味しく、うちの息子も手巻きずしを1ついただいてすぐに「美味しい!」と声をあげ、「こどもは正直なので嬉しい」とお店の方にも喜んでいただき、ここでも旅の良さを堪能。

おぢか島

おぢか島

そして、この日は島の別の旅館へ宿泊、次の日は東京へ帰京。
朝起きてみれば、台風の影響で朝一の高速船は欠航になったという情報に冷や汗をかいたものの、ふたをあけてみれば、私たちが予約していた船は予定どおり出港することになり(といっても、ものすごい揺れで大変な目にあったのですが)、なんとか佐世保まで到着。佐世保に到着するやいなや、朝から東京行きのほとんどの飛行機便がこれまた欠航になっているという情報が入ったにも関わらず、なんと私たちが予約していたスカイマークの便は、神戸経由便だったこともあり、予定通り、離陸!神戸での乗り換えでは多少飛行機が遅れたものの、既にこの時、午後半ばを過ぎていたこともあり、ほぼ問題なく羽田までの便も離陸。

羽田への着陸直前には、台風が過ぎ去ったばかりの東京湾と富士山の姿が!水墨画と水彩画で描いたような絶妙な暗さの中に絶対に再現できないようなグラデーションの空が東京湾に写り込み、強風による飛行機の揺れも忘れるほどの感動体験をここでも味わうことができました。今まで生きてきた人生の中でみた富士山で一二を争うほどの絶景でした。窓側に座っていた息子たちも「キレイ、きれい!」と興奮気味に喜んでいたので、こんな景色を見せてあげることができて本当に嬉しいかぎり。



先月の宮古島といい、今回の小値賀島といい、やはりこの季節の国内旅行は台風との縁が大きく旅を左右してしまいますが、本当に運の良いことに、なんとも幸運続きの今年!旅の神様ありがとう!
友達家族と1軒をシェアするという形態があまりに楽しすぎて、今度はハワイのコンドミニアムもシェアできちゃったらいいね、と次の旅行の話も飛び出す始末。実現したらいいな!




calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

twitter