そうだ、京都行こう。その3

少々更新に間があいてしまいましたが、京都2日目。

今回は、京都行きを決めた後、京都出身の友人にオススメを尋ねたところ、食べ物以外の部分では鞍馬山を薦められ、確かに以前取材で貴船に出向いた際にも、とても良い印象が残っていたため、虫が大好きな息子も喜びそうだし、川床での食事にもありつけそうだし・・・一挙両得!と鞍馬から貴船までを散策してみることに決定!

快晴のお天気に恵まれたこの日は、山を抜けて吹いてくる爽やかな風、まぶしい森林の緑と、歩いているだけで気持ちが満たされていくような爽快さ。実際にはエネルギーを消費しているはずなのに、それとは反対に心のエネルギーがどんどん蓄積されていくような感覚。





出発する前に、ウェブなどで検索すると散策道は約2時間の行程とのこと。多少起伏のある箇所もあるという情報ゆえ、あまり山道などを散策した経験のない息子が歩ききることができるか不安だったものの、途中何回か「お休みしたい」という声があがった程度でなんなく下山。

下山中は、貴船川のせせらぎも聞こえ始め、川床での食事に胸が高鳴り、私自身の足取りも軽くなる一方!

というわけで、食い意地魂も最高潮に達しそうな勢いで下山したものの、貴船に到着後、まずは貴船神社におまいり。




突然の京都行きだったために、義妹に教えてもらうまで気づかなかったのですが、この日は偶然にも6月の末日。1年の半分の厄を払う夏越の祓をとりおこなう日。貴船神社に、しっかりと茅の輪(*wikiをご参照くださいませ)が奉られており、輪のまわりには大勢の人。もちろん、私達も家族全員でしっかりと茅の輪くぐりをし、今年前半の厄払いまでできてしまう始末!なんだかとっても得した気分。

そうそう、夏越の祓に欠かせないという、和菓子の「水無月」もしっかりと買い込み散策のお供に!
こんなお菓子ひとつとっても、食いしん坊魂と神事に接っしたことでのあやかっとけ魂(?)のようなものが満たされ、これまたさらに得した気分。



そして、そして、貴船でのメインイベントは、川床でのお食事




ジャジャジャ、、ジャーん!!!そうです、これです、まさに夏の京都の醍醐味!!!




そして、夏の京都といえば、鱧!


というわけで、今回の京都は、タイミングといい、お天気といい、食事といい、全てが完璧すぎるほど充実しており、もうどこに感謝してよいのかわからないくらい楽しい旅なのでありました。

この日のは、山を降りた後にも、最後は錦市場に立ち寄り、しっかりとその日の夜の食材を買い込み、食いしん坊魂全開で、東京に帰宅した私なのでありました(笑)。ちゃんちゃん!




calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

twitter