かつてない体験講座

先週の土曜日は、WAGUの鳩谷と私の好奇心+向上心(=ミーハー心とも呼ぶかもしれません・・・)から打診し、実現した「日本舞踊体験講座」!

日本舞踊といえば、良家の子女しか縁がなく、それはそれは敷居が高く、お金がないとできないというイメージを持っている方が正直多いのではないかと思います。何を隠そう私もそう思っていた一人。「1回の舞台でかかる費用といえば、外車が1台買えるらしい」とかそんな噂ばかり耳にし、大人になるにつれ、その敷居の高さはあがるばかり・・・。

そんな時に、事務所をシェアしているデザイナーのみほちゃんからの紹介であぐりさんとの出会いがあり、「惜夏の集い」では見事な舞をご披露いただき、ここぞとばかりに、ぜひ体験講座を開いてみませんか?という投げかけに、快くお応えいただいたあぐりさんのご主人で次期家元である青楓さん。(みほちゃんが、尾上流のウェブサイトもデザインしています。)

そんなご厚意から実現したこの講座。通常のお稽古では30分程度の長さのところを、な、なんと2時間!!!それも家元のお稽古場で!


日本舞踊体験


内容はといえば、扇子の扱い方から始まり、歩き方、日舞の基本動作、さらには日舞の代表作「藤娘」の一節を踊ってみる(踊るというレベルではもちろんありませんが)というこれまた、通常ではありえない豪華な内容。
それも、例えば、骨の本数で時代がある程度特定できるとか、実はメモがわりにも使われていたなど、それぞれとても興味深いお話を交えながら1つ1つを解説してくださったので、これが聞いても面白く、体験してさらに面白さが増すという、本当に充実した内容。

日本舞踊体験


「歩けたら一人前」というくらい、まずきちんと歩くことが難しいということで、並んでみんなで何度も行進。

日本舞踊体験


「藤娘」の一節を見本としてご披露いただいているところ。流れるような動きに賛嘆。全員うっとり。
この後、一節をトライさせていただいたことで、いかにこの舞が驚嘆に値するかということを身をもって知った受講生(私を含む)でした。
 
講座が終わった時には、体力的にへとへとになっていたものの、本当にあっという間の2時間。そんなわけで、私自身が相当に楽しませていただいた1日だったのですが、講座終了後には、受けていただいた皆さん口々に「本当に楽しかった!」「こんなに面白いと思わなかった!」「入門したい!」というお言葉をたくさんいただき、「企画してよかった!」と心の底からつくづく思った次第です。

青楓さん、受講いただいた皆様、本当にありがとうございました!

尾上流


 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

twitter